スポンサードリンク

2007年09月17日

巨万の睡眠預金!

ここまで聞くと1円とか100円などの口座数はそもそもどのくらいあるのだろう? 金額にするとどれくらいあるのだろう?

そんな疑問と下衆な考えが浮かんでくる。

毎年夏に日本テレビが行なうチャリティー24時間テレビで集まるお金も、ペットボトルに集めた1円や5円の集大成。
このわずかな睡眠貯金の通帳残高に等しいものを善意で募金として預かっている。


--- iza掲載の記事に以下の内容が掲載されていました。---

メガバンク3行に昨年度睡眠預金から凍結された口座数と預金額を聞いたところ、みずほと三井住友は「非公開」、三菱東京UFJは「数万件、預金額は億単位」との回答だった。

とのことです。 何故非公開なのか?!
やましいことでもしているように受け取れてしまいます。
口座管理料金を差し引いて募金してもよいお金でもありますからね。

郵便貯金においては、貯金残高187兆円という半端ではない規模だけに、2006度末時点で実に2486億円の貯金が凍結中だそうです。

凍結中の口座の復旧はできないが、残高は利子付きで全額払い戻すことができる。

しかし、メガバンクとの大きな違いは「時効」が存在することです。

口座の凍結から10年たった時点で再び通知を送り、それでも申し出がない場合は貯金の権利は完全に消滅し残高は郵政公社のものとなる。

その消滅した貯金の金額がハンパではない!
2005年が約95億円、2006年は約57億円が郵政公社に“接収”されたとのこと。

この金額は驚きとしかいえない。



posted by ゆうちょ銀行マン at 14:33| 睡眠預金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。